ホーム>バレエルクールのブログ>2014年10月

BLOG| 2014年10月

一ヶ月が経ちました☆

一ヶ月が経ちました☆
一ヶ月が経ちました☆
一ヶ月が経ちました☆
一ヶ月が経ちました☆
 



皆様、ご無沙汰しております!!
中平です。

既に暢パパが報告してくれていますが、2014年9月10日、国立成育医療センターにて、2522gの女の子を出産致しました☆

産後の経過もよく、入院6日目に母子共に退院し、現在は生後7日目に「さーちゃん」から「奏音・そら」と命名された小さな娘と一緒に、自宅療養させて頂いています(^-^)

先月の9月9日、

スーパームーンのお導きで始まったお産は、まさかの計27時間の長丁場となりました(ノ_<)子宮口が開かず...微弱陣痛で6分間隔から進まず...最終的には促進剤を射って漸く分娩台にあがれた次第で...想定外の長さと想像以上の痛みに、終始意識朦朧&悶絶状態でした(o_o)

今思えば、

前駆陣痛の「屁でもない痛み」にひぃぃ~こら言っていた、あかんたれの自分が、ホントに恥ずかしい限りで(。-_-。)そんな私と一緒に頑張り続け産まれて来てくれた奏音、ずっと付き添い寄り添っていてくれた母、付き添いに仕事にと1人走り回ってくれた暢には、本当に感謝しています!

一ヶ月が経ち、

漸くあらゆる痛みから解放され、今は甘えた娘の2時間を切る授乳に日々寝不足フラフラ~(*_*)ですが、まだ見えていないはずの奏音が時折見せてくれる笑顔と、母と暢パパのフルサポートにより、新米あかんたれ母は頑張れております。どこまでも、家族様様であります*\(^o^)/*

そして皆様!!

お産当日からお休みを頂き、本当に有難うございますm(_ _)m沢山のサポートとお祝いメッセージには助けられ、励まされました☆今直ぐ完全復帰とはいきませんが、体調を見ながら少しずつルクールに顔を出し始めたいと思っております。皆様には引き続きご迷惑をお掛けしますが、もう暫くお休みさせて頂く事を、お許し頂けたら幸いですm(_ _)m

久々のブログ...

なんだか纏まらない文章ですみませんでした(ノ_<)


中平
 

バレエルクール両校、10月お休みのお知らせ

 
バレエルクール市ケ尾校

<お休み>
*10月1日~4日スタジオ工事の為
10月11日(土曜日) 講師舞台の為
<振替>
○1日水曜日→29日水曜日
時間帯は通常通り
○3日金曜日→31日金曜日
時間帯は通常通り
○4日土曜日→19日日曜日
15時~16時半レッスン
16時半~18時ヴァリエーション
11日土曜日26日日曜日
15時~16時半レッスン
16時半~18時ヴァリエーション


 

バレエルクール堺東校
<お休み>
10月31日5週目の為

以上となります。
よろしくお願い致します。

バレエルクール

市ヶ尾の床のお話…

市ヶ尾の床のお話…

絢子先生の拘りの床、出来上がりました♪

何だかもわからず、触りもせず、色も見ず決めて、僕と喧嘩した絢子先生が押し通して敷くと決めたこの床…

滑ると終われた市ヶ尾ルクールの床は、白く、滑りにくくなりました♪♪(笑)角度も調整済みだそうで、真っ直ぐらしいですッ!!(以前は少し傾斜していたそうです)これまでバランスが取れなかった皆様、これでちゃんとバランスもピルエットも出来ます(゜-゜)♪

「なんでそんな適当なんだ!!(ノ-o-)ノ┫」という僕の訴えは、絢子先生の勘の前に見事に打ち砕かれました。やっぱり絢子先生の代わりは勤まりませんね(笑)


そんなこんなで、ルクールは自習したいメンバーには貸し出しているそうです!新しい床を体験したい方も、ちゃんと稽古をしたい方も、また留守番をしている賀川に会いたい方も、しばらくはおりますので是非!( ̄^ ̄)♪



賀川

モノへの思いとは…

わからないものです。特に個人の持ち物に対する考え方とは。持ち主になったらわかるのでしょうか?
それが公共の場であっても?

仮に初めて使うのは私でありたい…という考え方があるとします。
でも、大抵の製品と言うもの、特に"使う"と言う言葉が示す通り、道具である場合、しかもそれが少しでも複雑な製品で、複数回や長期に渡っての使用が普通のものであればある程、職人さんがいたり、テストがあったりと、大抵は初めてなどあり得ません。エンジンをかけたこともない走ったことの無い車を、ディーラーさんが買い手に渡さない様に。

それが、現物は選んでもいない、相手方と話してもいない、前任に敬意も示さないのに、初めては私が…と主張する。オーナーなので当然の権利ですが、やり切れない時もあります。
道具や技術を大切にする、芸や技術の世界にいる者として、その匙加減で壁に当たる事もあるのだなぁと痛感した今日でした。



なんだか暗いメッセージでしたが…申し訳ありません。

必死に技術を磨こうとする子供達を見た後だっただけに、少々意見が片寄り過ぎている気もしますが。芸に真っ直ぐでありたい。下手の横好きな私が、これまた何の権利もなく、偉そうに発しただけの戯言でした。





読んでくださる皆様、貴重なお時間を、いつもありがとうございます。






おやすみなさい。

賀川


バレエと新体操…

バレエと新体操…
バレエと新体操…

さて、火、木と、ルクールのメンバー数名は前述の通り、僕がお世話になっている世田谷ジュニア新体操クラブへ。昨日は初めて練習(バレエだとレッスンとかクラスですが、新体操は練習)の メンバーもおりまして、期待と不安と望みと恐怖とが入り交じる中での練習だったのではないでしょうか?


バレエレッスンのあった前回と違い、今回は新体操の先生達にお任せしてのトレーニングのみ。(僕は上の選手組のバレエを教えてますから、お仕事してますよ)

それが終わったら、ルクールに比べて遥かに真面目な新体操チームの練習を見学する内容。
みんなあのくらいはやれば、嫌でももう少し上手になると思うんですけどね。
ストレッチや筋トレなどで手を抜かずにですね。


そんな中で、何かを掴んでくれたでしょうか?
軸の使い方、プリエ(一般的に言うと膝の屈伸)の使い方、色々なタイミング…獲られるものがたくさんある新体操メンバー達だったと思いますが、果して結果はどうなんでしょうか…(笑)


あまりキツい事ばかり言っても仕方ないので(笑)取り合えず昨日はお疲れさまでした。今日もある組は、お大事に。もう遅いですけどね。

本人がどんなつもりだったのか詳しくはわかりませんでしたが、かりんの話から、りおが合流しようとしたのかな?どちらにしても、合流できなかったのは残念。




そうそう、昨日、こんな一幕がありました。
最近は、新体操のメンバーで、試験的にバレエを受ける人、受けない人を別けています。当然、同じようにやっているグループであっても受ける人、受けない人が出てきます。
とある新体操の子が、「なぜ私はバレエを受けるメンバーに入れないのか」と新体操の先生に訪ねたそうです。




回答としては、"その練習が個々にとって活きるか否か"。



改めてお伝えすると、バレエと新体操は、評価基準と求められる内容すら違えど、違っている様でほとんど同じような性質を持っています。

長い前置きでしたが、要するに、この一選手(≒ダンサー)に対し、その一人一人の何を伸ばし、またそれをいかに良く見せるための技術を身に付けてもらうか。

新体操の子がバレエをやって、効果が出やすい子、もしくはどうしても出さなければならない子はやりますし、手具(リボンやフープなどのこと)を練習した方が良さが出る子はそっちがメインになるんです。

反対にバレエでも、トレーニングが必要な子、柔軟性が必要な子、技術もそれぞれ選びながら指導していくわけです。最低限をクリアした上でのお話ですけどね(笑)



でも、大人しくも練習中いつも一生懸命やっているそこ子の強い思いを知れて、少し嬉しい出来事でした( ̄ー ̄)♪


あ、全然関係ありませんが、画像は改修中のルクール市ヶ尾です。"工事"!!という感じですねぇ。
早く出来上がらないかなぁ。


page top